スポーツ障害・外傷の予防

こんな症状はありませんか?

スポーツ障害施術風景

  • 足を捻ってしまって痛む
  • 他の病院や治療院で施術しているが、痛みが取れない
  • 早く競技に復帰したい
  • 試合前の怪我で、どうしたらいいのか悩んでいる
  • 怪我を繰り返してしまって、満足のいくパフォーマンスが出せない

スポーツ障害・外傷の種類|宇都宮 おおしま鍼灸整骨院

スポーツ障害の種類

スポーツ障害とスポーツ外傷は、同じように思われると思いますが、少し違います 。
スポーツ中に痛めてしまう怪我のことを「スポーツ外傷」と言い、「捻挫」「骨折」「肉離れ」「腱断裂」などがあります。

捻挫

スポーツの中で、もっとも多い怪我は「捻挫」です。
その中でも多いのが、足首の捻挫です。靭帯を痛めてしまうのが原因で、靭帯は骨と骨をつなぐ役目があります。
走行中につまずいたり、サッカーの競技中、足首を捻ったりした際に、関節が本来動く範囲を超えて動いて、靭帯が過度に引き伸ばされることで起きやすくなります。

肉離れ

急な動きで力を入れた際に、筋肉が伸ばされて筋肉にある筋繊維の一部、または筋膜の組織の一部が切れる状態を「肉離れ」と言います。
野球の右投げ・右打ち選手の場合、右太もも裏と左太もも内側にストレスが加わり、急な動作で引き伸ばされた際に、肉離れが起きやすくなります。

シンスプリント

正式名は「脛骨過労性骨膜炎」と言います。
下腿前面の痛みのことで、オーバーワークが原因とされています。
特に中高生に多い症例で、足を内側に捻ることにより、足の下腿部の筋肉が引き延ばされ、これらの筋肉の付着部付近の骨膜に、炎症が生じます。

ジャンパー膝

ジャンプを繰り返すバレーボールやバスケットボール、陸上競技の跳躍選手に多くする選手にみられ、オーバーワークが原因とされています。
ジャンプ動作により、太腿の筋肉に対して、引き延ばされる負荷が繰り返し加わると、骨と靭帯の繋ぎ目が炎症を起こし、痛みが生じやすくなります。

アキレス腱炎

「かかと」と「ふくらはぎ」の間の細くなった部分のところがアキレス腱です。
「アキレス腱炎」は、スポーツの練習で起こることが多いです。ランニングやジャンプを繰り返すことによって負荷がかかり、その部分の負荷に耐えられなくなって、炎症を起こします。

テニス肘

テニスのボールを打つ際、手首、肘に力が加わります。練習量が多すぎたり、前腕部の筋力が弱いと、ボールを打ち返す前に、腕部の筋肉が付着している肘関節の骨の部分に炎症が起こりやすくなります。
肘の親指側が痛むものを「バックハンドテニス肘」、小指側が痛むものを「フォアハンドテニス肘」と言います。
バックハンドテニス肘は、バドミントン・卓球・剣道など、フォアハンドテニス肘は、ゴルフでよく見られます。

野球肘

「野球肘」は成長期の野球をしている子ども達に、起こりやすいスポーツ障害です。
野球肘の症状は、肘の内側・外側と痛む場合があります。上腕部の骨と前腕部の骨が、隣合わせで肘関節が作られていて、投球の際は内側、または外側にある軟骨組織・靭帯にストレスが加わり、傷がついたりして、痛みを感じることが多いです。

野球肩

肩関節は、あらゆる方向に動かせる関節で、それだけ内部の構造が、複雑に出来ている関節と言えます。 痛みを訴える場所も一様ではなく、肩の前・後ろ外側・内側・上方下方と、あらゆる方向に出ます。
肩関節周囲の筋疲労(オーバーユース)により、関節内外への過剰なストレスから、肩関節の周りの筋肉、特に、インナーマッスルで「ローテータカフ」と呼ばれる肩関節回旋筋腱板に、投球動作を繰り返すことにより、負担が増して、至る所で炎症が起きやすくなります。

その他

その他、上記の悩みの影響により、100%の力で、パフォーマンスや能力を発揮出来なかったり、スポーツや運動が、怪我や痛みの影響で、心から楽しめなくなってしまう場合があります。
また、怪我や痛みが気になって、スポーツに集中出来なかったり、今まで出来ていたことに現在は違和感があり、満足のいく結果が、出にくくなってしまうことがあります。

スポーツ障害・外傷の処置方法|宇都宮 おおしま鍼灸整骨院

スポーツ障害・外傷はRICE(ライス)と言う応急処置を行います。怪我をした時、なるべく早く適切処置を行うことが、復帰への近道です。

RICEとは?

  • RはRest(レスト=安静)
  • IはIce(アイス=冷却)
  • CはCompression(コンプレッション=圧迫)
  • EはElevation(エレベーション=挙上)
安静(Rest)

痛めた患部を無理に動かしてしまうと、怪我の状態が悪化してしまうので、患部を安静状態にします

冷却(Ice) アイシングで、腫れや出血を抑えます
圧迫(Compression) テーピングなどを使い、圧迫し、固定します
挙上(Elevation) 怪我の部位を心臓より高く上げて、腫れを防ぎます

スポーツ障害・外傷に対する当院の施術|宇都宮 おおしま鍼灸整骨院

    

スポーツ障害の物理療法

スポーツ障害は、オーバーユース(使いすぎ)により出ることがほとんどです。
軽傷のものから、日常生活に支障が出てしまうものまで、さまざまに起こります 。
当初は、比較的軽いと思い、簡単なストレッチなどで痛みや違和感が取れていたものが、何ども繰り返すことにより、二次的に、他の所に障害が出てしまうことが多々あります 。
そうなると、大小の差はありますが、身体にゆがみが起きてしまい、痛いと思われる部分を施術しても、症状がなかなか取れなくなってしまいます。
また、野球やサッカーなど、利き手や利き足を良く使ったり、偏った動きを日常的に繰り返し行う競技動作の場合、筋肉や関節に負担がかかりやすく、スポーツをする上で、大きな運動器疾患を招くことになります。
その為、スポーツ障害は、必ずしも痛みのある所が原因とは限りません。
宇都宮「おおしま鍼灸整骨院」では、痛みのある所以外にも、全身の検査をすることで、痛みの原因やゆがみ、筋肉バランスなど、本来の原因となっている箇所を判断し、施術していきます。
その為、通常よりも早期に復帰できる方が、多く見られます。
また、痛みの強い場合は、疼痛緩和に特化した特殊電気治療器気を使い、痛みを緩和させたり、必要な際には、テーピングなどの固定具により、患部を固定していきます。
その他、筋力や筋バランスから、その方に合った運動療法やご自宅で出来るセルフケアも加え、痛みが繰り返し起こりにくくなるよう、最適な施術方法や運動療法提案します。

再発予防への取り組み|宇都宮 おおしま鍼灸整骨院

スポーツを行っていると、障害を起こす可能性が大きいかと思います。
その痛みや障害も、特定部位がいつも同じところだったり、 怪我や足の捻挫、太ももの肉離れなど「なんで大事な試合があるのに怪我をするんだ」と、思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
癖になって、何度も繰り返し怪我をしてしまうには、それだけの理由があります。
それは、特定の部位による筋力低下・左右の筋力バランス・体の歪みの影響からかもしれません。
それらの根本的な問題がある限り、また再発する可能性があります。
スポーツをしている以上、どこにも異常がないことはないかもしれません。
何かしらの異常や違和感を感じ、スポーツに取り組まれている方も多いかと思います。
その方たちが、少しでも安心してスポーツに取り込めるよう、最大限のお手伝いをさせて頂きます。
宇都宮「おおしま鍼灸整骨院」では、お一人お一人に合わせた施術を行います。お悩みの方は、当院までご相談ください。

 

皆さまの声

  • 宇都宮市鶴田町 10代男性 H.Kさん 

    宇都宮市鶴田町 10代男性 H.Kさん 

    陸上(部活)で、私生活で痛みや不調があるとき、いつも助けていただいています。
    補強の体操なども教えていただき感謝!
    ==============================================================
    息子が生まれて1年(2年)経った頃、急に立ち上がることができなくなった私(母)を治していただきました。
    教えていただいた骨盤体操は、今でもランニング後にやっています。

    ※効果には個人差があります。

  • 宇都宮市芳賀町 10代女性 I.Mさん

    宇都宮市芳賀町 10代女性

    高校でサッカーをやっています。痛みの原因などを詳しく教えて頂けるので、安心して診察を受けられます。
    テーピングの貼り方も教えてもらえて、参考になります。
    試合の前後にも治療して1日3試合に出場し、全勝しました。

    ※効果には個人差があります。

  • 宇都宮市簗瀬 17歳 N.F様 女性

    すごくフレンドリーで、すごく清潔感があって、怪我で落ち込んでいる気持ちもケアされる整骨院です。
    院の雰囲気がとても良いのですごく通いやすいです。怪我を治す事が一番の目的だけど、怪我で落ち込んでいる気持ちも一緒にケアされる院です。

    ※効果には個人差があります。