腱鞘炎を早期改善へ導くポイントは

2017年06月13日

本日のテーマは腱鞘炎についてです。

 

腱鞘炎といえば「テニス肘」といわれる外側上顆炎の痛みや

手首や指などの腱鞘炎によるものが多いかと思います。

 

実際に腱鞘炎で治療されたことがある方の中には

 

「腱鞘炎によるものは使いすぎだから仕方がない。」

「使いすぎなので休まないと治らない。」

 

なんて言われてしまったり、経験されている方もいるのではないでしょうか?

 

でもそのような事を言われてしまったら、

 

・分かっているけど仕事だから・・・

・これをやめたら楽しみが無くなってしまう・・・

・休みたくないから治しに来たのに・・・

という風に考えちゃいますよね。

 

腱鞘炎は仕事や趣味などで繰り返し使うことで痛みや炎症が起きるといわれています。

しかし腱鞘炎になる理由はそれに加え、実は「もう一つ」あるんです。

 

それは「体のゆがみ」によるものです。

 

例えば、仕事で繰り返し同じ作業をしていて痛みが出てしまった場合、

同じ職場で作業をされている方が全員腱鞘炎になっていてもおかしくありませんよね。

 

しかし実際には痛みが出る方とそうでない方がいらっしゃるかと思います。

 

その違いが「体のゆがみ」からの影響です。

日々の疲れや不良姿勢などにより骨盤や背骨に負担がかかることで体にゆがみが生じます。

 

その状態で繰り返し行うことで、痛みや炎症が起きやすくなってしまいます。

 

当院で腱鞘炎の痛みにより来院された方の中には

痛みのある所以外を治療することで腱鞘炎が早期改善された方も多くいらっしゃいます。

一番大切なのは「からだ全体のバランス」を見ることです。

 

腱鞘炎は痛みのある所以外にも、

体のゆがみなど腱鞘炎の痛みを悪化させる原因を改善していくことが

早期改善の近道になります。

 

もし繰り返し使っているので仕方がないと諦めている方や

治療はしているがなかなか改善しないなどのお悩みがありましたら

お気軽にご相談ください。

 

公式ホームページはこちらへ

http://oshima-seikotuin.com/

 

宇都宮市 おおしま鍼灸整骨院(宇都宮整体サロンCureBodyOshima)では

骨盤矯正・姿勢矯正・筋膜調整・自律神経調整・鍼灸治療

内臓テクニック・クラニアル(頭蓋骨)テクニックなど

様々な角度から全体を整えることで健康へのサポートをさせて頂いております。

また宇都宮市・上三川町・鹿沼市・下野市・小山市・栃木市・足利市・真岡市・那須烏山市など様々な地域からいらっしゃって頂いておりますので、お問い合わせやご希望などがございましたら、お気軽にご連絡下さい。