膝の痛みの臨床報告 宇都宮市 50代男性

2018年05月18日

本日は膝の痛みで来院された方のお話をさせて頂きます。

 

宇都宮市 50代男性 膝痛(動作制限著明)

 

ゴールデンウイーク中、歩行中に転倒し膝を強打されてしまったそうです。

 

その後、外出で歩行された時には特に痛みは出なかったが、

翌朝起床の際から膝の痛みを感じるようになり、

 

2日間自宅で安静(連休中の為多くの医療機関がお休みでやっていなかった)でいたものの、

 

膝の痛みがだんだんと強くなり

次第に膝を動かすことも困難になり、連休明けに当院を受診されることになりました。

 

実際に当院に来院された際には

痛みが強く、院内も足を引きずりながら歩かれていました。

 

検査を行った際には、

膝のお皿の下(靭帯部分)に圧痛が強くみられ

動作確認では、激痛で動かすことも出来ない状態でした。

 

その為治療の際には、

痛みに加え関節可動域が向上するように

 

動きが良くなるポイントを探しながら行っていきました。

その結果、膝の動きは大きく改善し、痛みも来院前に比べ半減されました。

 

しかし、急性的な痛みによる炎症が残存している為、

包帯で固定し自宅でアイシングを指導させて頂き、

その日の施術を終了とさせていただきました。

 

そして翌日には痛みが残り10%までに軽減した為、

再度体の使い方や動きの制限の原因を考慮し行っていくと

膝の関節可動域も最大まで動くようになり、残りの痛みもなくなったとのことでした。

 

今回は膝の靭帯に圧痛が強くみられ、負傷後の外出による歩行をしたことで

患部に負荷がかかり、翌日の起床する際に激痛として現れてしまったのだと思われます。

 

また、ゴールデンウイーク明けには仕事の関係で県外の単身赴任先に戻られる為、

痛みの強さもあり心配されておりましたが、

早期に回復され大変喜ばれていました。

 

もし現在膝の痛みでなかなか改善しないとのお悩みがありましたら、

悩みすぎずにお気軽にご連絡下さい。

様々な角度からみていくことで改善される可能性があるかと思います。

 

膝の痛みでお悩みの方はこちらへ

膝痛・股関節痛

公式ホームページはこちらへ

top

 

宇都宮市 おおしま鍼灸整骨院(宇都宮整体サロンCureBodyOshima)では

骨盤矯正・姿勢矯正・筋膜調整・自律神経調整・鍼灸治療

内臓テクニック・クラニアル(頭蓋骨)テクニックなど

様々な角度から全体を整えることで健康へのサポートをさせて頂いております。

また宇都宮市・さくら市・上三川町・鹿沼市・壬生町・日光市・下野市・小山市・栃木市・足利市・真岡市・那須烏山市など様々な地域からいらっしゃって頂いておりますので、お問い合わせやご希望などがございましたら、お気軽にご連絡下さい。