梅雨の季節に体に負担がかかる理由とは

2017年06月9日

本日のテーマは梅雨の時期についてです。

 

梅雨の季節になると湿度が高くなったり、雨の日が続いたりすることで

体にも負担がかかりやすくなるかと思います。

 

梅雨の時期に起こりやすい症状が

・からだ全体が重だるい

・関節痛が強くなった

・頭痛や肩こりがひどくなった

・ボーっとする

・足の冷え・足のむくみが強い

などの症状が見られることが多くなります。

 

「何故、梅雨の時期や季節の変わり目に体調を崩しやすいの?」

と思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

実は「自律神経」と関係しているんですね。

 

湿度や気温の寒暖差・気圧の関係など

天候や季節と自律神経は密接な関係にあります。

 

梅雨の時期のように湿度が高くなったりすると

自律神経に負担がかかり、全身倦怠感など体を重だるくさせてしまったり、

水分調整が上手く行かない場合は足の冷えやむくみが強くなってしまいます。

 

そのような時には自律神経の乱れを改善していくことが一番の近道です。

 

自律神経は、水分調整や免疫力・消化吸収など体の様々な機能と関りがあります。

この梅雨の時期に毎年体調を崩しやすいとお悩みの方や

最近頭痛や足のむくみを強く感じるとお困りの方がいらっしゃいましたら

自律神経のバランスを整えてみてはいかがでしょうか?

梅雨の季節が快適に過ごせるようお手伝いさせていただきます。

 

自律神経を整えたい方はこちらへ

自律神経失調症

整体ページはこちらへ

整体

 

公式ホームページはこちらへ

http://oshima-seikotuin.com/

 

宇都宮市 おおしま鍼灸整骨院(整体サロンCureBodyOshima)では

骨盤矯正・姿勢矯正・筋膜調整・自律神経調整・鍼灸治療

内臓テクニック・クラニアル(頭蓋骨)テクニックなど

様々な角度から全体を整えることで健康へのサポートをさせて頂いております。

また宇都宮市・上三川町・鹿沼市・下野市・小山市・栃木市・足利市・真岡市・那須烏山市など様々な地域からいらっしゃって頂いておりますので、お問い合わせやご希望などがございましたら、お気軽にご連絡下さい。