寝ても疲れがとれない理由とは・・

2017年07月4日

本日のテーマは起床時の疲れについてです。

 

寝たのにも関わらず朝起きると体がだるかったりなど、

なかなか疲れが取れにくいとお困りの方もいらっしゃいますよね。

 

朝起きた時の疲れやだるさの原因に

「内臓の疲れ・自律神経の乱れ」が大きく関係しているのはご存知ですか?

 

体が疲れたりすると

体の中に疲労物質といわれるものが発生します。

その疲労物質は「内臓」などで吸収・分解し尿や便などにより排泄されます。

そして体の外へと排泄されることで、体の中の疲れを取り除いてくれます。

 

体の疲れをとれやすい環境を作る為には

「内臓のはたらき」が大切なんですね。

 

また内臓は疲れを取るだけでなく、

栄養の吸収や老廃物の排泄など様々なはたらきをしてくれる

とても重要な場所です。

 

しかし、内臓のはたらきにも容量があります。

その容量をオーバーしてしまうと内臓自体が疲労を起こしてしまいます。

 

いわゆる「内臓疲労」です。

 

内臓疲労の原因は

・食事の不摂生

・睡眠や運動不足

・職場や家庭でのストレス

・長時間のスマホ操作などによる電磁波の影響

などの積み重ねによるものが多く見られます。

 

更には内臓のはたらきが低下することにより

体の中の疲労物質を外へと排出しにくくなってしまいます。

 

その結果、寝ても疲れがとれなかったり、毎日だるいなどの症状が

見られるようになってしまうんですね。

 

もし寝てもなかなか疲れがとれなかったり、

気を付けてはいるがなかなか改善しないとのお悩みの方がいらっしゃいましたら

その原因は、「内臓の疲労・自律神経の乱れ」によるものかもしれません。

心辺りがありましたら、お気軽にご連絡下さい。

疲れが取れやすい体作りのお手伝いをさせて頂きます。

 

なかなか疲れが取れないとお悩みの方はこちらへ

http://oshima-seikotuin.com/shinkei/

公式ホームページはこちらへ

top

 

宇都宮市 おおしま鍼灸整骨院(宇都宮整体サロンCureBodyOshima)では

骨盤矯正・姿勢矯正・筋膜調整・自律神経調整・鍼灸治療

内臓テクニック・クラニアル(頭蓋骨)テクニックなど

様々な角度から全体を整えることで健康へのサポートをさせて頂いております。

また宇都宮市・上三川町・鹿沼市・下野市・小山市・栃木市・足利市・真岡市・那須烏山市など様々な地域からいらっしゃって頂いておりますので、お問い合わせやご希望などがございましたら、お気軽にご連絡下さい。