妊婦さんの腰痛

2017年05月22日

本日のテーマは妊婦さんの腰痛についてです。

妊婦さんは妊娠初期・中期・後期とお腹の赤ちゃんの成長に合わせて姿勢や体形、

内臓や骨盤の位置など様々な所が変化していきます。

 

その変化に伴って一番多く見られる症状は腰痛です。

妊娠中期から後期にかけて腰への負担が強く見られ、

休息や睡眠をとろうとした際にも「仰向け」に寝ることが辛くなってしまうケースも少なくないかと思います。

 

理由としては、妊娠中期から後期に伴って

お腹が大きくなり腰が反りやすくなってしまう為です。

腰が反りやすくなると膝や股関節がまっすぐ伸ばせなくなってしまい

仰向けになって寝ることが難しくなってしまいます。

 

しかし実際にはそのような事はありません。

妊娠中のどの時期でも楽に仰向けに寝ることが可能です。

 

妊娠初期・中期・後期とそれぞれの時期に合わせて理想の姿勢やお腹の位置があります。

その時期に合わせて理想の姿勢やお腹の張り・位置など

体をしっかり整えることで仰向けに楽に寝られたり、腰が通常よりも反りにくくなり

腰痛の原因を取り除くことが出来ます。

その他にも体を整えることでお腹の張りがなくなったり、お腹の中の赤ちゃんが成長しやすかったり、安産で生まれやすかったりと沢山の嬉しい効果が見られます。

もし仰向けに寝てみて辛かったり、腰が痛いのを我慢している、お腹の張りが強く出てしまうなどの症状やお悩みの方がいらっしゃれば、一度体を整えてみるのはいかかがでしょうか?

安心して楽しくマタニティライフを過ごせるようにお手伝いさせて頂きます。

マタニティ整体

 

またおおしま鍼灸整骨院(整体サロンCure Body Oshima)のマタニティ整体には

宇都宮市・鹿沼市・小山市・栃木市など様々な地域からおこし頂いておりますので

必要な際には気兼ねなくご連絡・ご相談下さい。